ホーム  >  採用情報  >  工程(大阪工場)石田祥

効率がカギ。
納品を守る仕事。

石田 祥

工程(大阪工場) 2007年入社

加工工程の策定から納品までを管理。
高い品質のためにできること。

西鋼には、実は父の縁で入社しました。それまでは関連のない業界でしたから、入社後すぐは現場で仕事を学び、3ヶ月ほどして工程の仕事に移りました。工程とは営業から入る受注情報を受けて、加工の段取り、納品までのステップを決める仕事。1日平均20~30件の受注情報をいかに正確に、かつ効率よく扱えるかが、私のポジションのカギになります。不測の事態が発生することもあるなか、スケジュール管理は大変な仕事ですが、そこをいかに自分のチカラで乗りきれるか、常にそれを追求しています。7年ほど働いてきて、ようやく自分なりのスタイルができてきたように感じており、今は充実しています。入社当時は正直、今の自分の姿は想像できていませんでした(笑)。

悩まず、のびのび仕事しよう。
やる気と機転でチカラは十分発揮できる環境。

西鋼は、非常に働きやすいと感じています。人間関係も円滑ですし、自由度が高い。だからこそ、若さや機転を発揮しやすい環境ですね。私の感覚だと、変に悩まずにサッと、そしてのびのび動ける人が西鋼に合っている気がします。私も、工程管理をしながらCAD作業をしたりと、さまざまな経験を経てここまできました。それも、まずは動いてきたからこそ得るものがあったのではないかな、と思います。そして、それを推奨してくれる環境が西鋼にあったからこそ、今の自分があると信じています。これからも、自分のチカラを高めながら、西鋼でさらに成長していきたいなと考えています。

  • 石田 祥 イメージ01
  • 石田 祥 イメージ02
ある1日のスケジュール
8:00 出社/ミーティング(事務所)
8:20 ラジオ体操第1
8:25 ミーティング(現場)
8:30 メール確認
8:35 受注処理業務/電話対応
10:30 現場にて作業の進捗確認
12:00 昼食
13:00 受注処理/電話対応
14:00 作業完了後の伝票処理
15:30 現場にて作業の進捗確認
17:00 工場内の清掃
17:30 帰宅